ふぁんtoにじゅうよん

24分の1マシンを使用したレースも各地で開催されています。
ここでは、名古屋で24分の1レースを開催して10数年の
歴史を誇るフクシマヤさんの「KIWIミッドナイトレース」の模様をご覧下さい。


レース会場 レース当日、会場となっている商工会館2Fホールに
パンチカーペットが敷き詰められ、特設コースが作られます。
もちろんコースレイアウトは毎回変更されています。
操縦台 操縦台はいすを利用しています。
コースの設置が終わる夕方ぐらいから、選手の皆さんは
練習を行いレースに備えてセッティングを煮詰めていくのです。

タイヤにお水 こんな具合
フクシマヤレースではグリップ剤の使用が禁止されていますので、
グリップ剤の代わりに水(H2O)をタイヤに塗ります。
不思議ですが水をたっぷり含んだタイヤはパンチカーペット路面で
非常に高いグリップ力を発揮してくれます。

NSX ライトオン NSX テールランプ NSX ヘッドライトの取り付け
プラボディクラスでのお楽しみの1つにライトアップがあります。
ダイオードやムギ球を駆使してヘッドライトやテールランプを点灯させるのです。
苦労させられますが、ライトオンして走行する様は良いです。
テールライト ストレートでのバトル NSX テール
決勝グリッド ねっ、かっこいいでしょ メルセデス

タイヤ調整中 レースですのでタイヤの調整も時には必要なんです。
ハイグリップなタイヤを使用したときに、コーナーで
転倒するときがあります。そんなときにはタイヤ径を調整して
重心を下げて対応するのです。
自作タイヤセッター でも、24分の1マシン用のタイヤセッターなどは
市販されていませんので工作用のリューターに
シャフトを付けてタイヤを削ったり、モーターマウントを
改造してセッターを自作したりしています。

M24ステアリング改造 DTM-SPリヤステー リヤに受信機 DTMにM24のボディマウント
1/10ツーリングカーや1/12レーシングではほとんど見られなくなった
オリジナルの改造を施したマシンがたくさん参加しています。
ポリカ製アッパープレート追加・DTM-SP FRP製アッパーデッキ・DTM-SP オリジナルマシン オリジナルマシン その2
ボールエンドでボディマウント シリコンチューブでボディマウント カウンタックにぴったりホイール どのマシンにも各選手の
こだわりがうかがえますね

タイム計測 オートラップカウンターは当然使えませんので
参加選手が持ち回りで計測を行います。
決勝スタート前 決勝レースのスタート直前です。
ちょっと緊張する一瞬です。

NASCAR
さあ、みなさんも24分の1マシンのレースに参加してみませんか?

back


(C)1998-2001 Team JOYBOX

home


SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO